トマス・モア

しかしもう一つの、もっと社会の
現実生活に合った哲学があります。
それは、自分の登場する幕を知っていて
上演中の作品に自分をあわせ、
自分の配役を型どおりに
立派に演じる哲学…です。

Thomas More[1478-1535]
イギリスの人文主義者、法律家、政治家。敬虔なカトリック教徒。ヘンリー8世のもとで大法官。ヘンリーの離婚問題に絡み、国王を英国教会の首長とするイギリス版宗教改革に反対したため投獄。反逆罪のかどで処刑された。

 トマス・モアは哲学者というより、ルネサンスの人文主義者といったほうが適切である。人文主義者(ヒューマニスト)とは「人間に関する学問をする人」という意味であり、古代ギリシア・ローマの古典研究を通じて中世的な宗教的世界観から人間を解放することを目指した。モアはルネサンス最大の人文主義者であったオランダのエラスムスと親交を結び、主著『ユートピア』(1516年)は当時のリンガ・フランカ(国際共通語)であったラテン語で書かれている。
 ユートピア(Utopia)はモアの造語で、ギリシャ語で「どこにもない(=ou)場所(=topos)」という意味である。架空の理想郷ユートピアが映しだすのは、そのネガとしての現実のイギリス、ヨーロッパ社会であり、自由な人間社会の考察がモアの人文主義者としての面貌をあらわしている。
 ユートピア島の詳細な記述は地理、職業、生活、風俗、教育、貿易、奴隷、軍事、宗教にまで及ぶ。なかでも注目すべきは、私有財産制と貨幣の廃止である。

ユートピアでは、貨幣の使用全廃とともに貨幣にたいする欲望が完全に消滅させられました。それ以来、なんと多くの煩雑な重荷がかたづけられ、なんと多くの悪の穂が根こそぎ抜き取られてしまったことでしょう。詐欺、盗み、強盗、争い、騒擾(そうじょう)、けんか、反乱、殺人、謀反、毒殺など、…そういったものはすべて、貨幣を廃止すると同時に死滅してしまい、そのうえ恐怖、心配、思いわずらい、苦労、徹夜というようなものも貨幣が消滅した瞬間に消滅し、おまけに、これだけが貨幣を必要としているように見えるもの、つまり貧困さえもが、貨幣がどこでも全廃されればさっそく消えてしまいます。(「ユートピア」)

 モアをたんなる空想的な社会主義者ととらえるのは誤りである。『ユートピア』は著者のトマス・モアが旅行者ヒュトロダエウスからユートピア島についての話を聞くという構成になっている(新大陸発見の時期と重なる)。ヒュトロダエウスが「私は、私有財産がまず廃止されないかぎり、ものが、どんな意味においてであれ平等、公正に分配されることはなく、人間生活の全体が幸福になるということもないと確信しております」といえば、登場人物のモアは「自己利得という動機から労働に駆りたてられることもなく、他人の勤労をあてにする気持で怠け者になり、だれしも働かなくなるようになれば、物資の豊富な供給などはいったいどうしてありえましょうか」と応じている。
 国王の命を受けて痛烈なプロテスタント批判(『反ルター論』)を書いたモアが最後に選んだ役は、カトリックの殉教者の役だった。投獄、裁判、処刑にいたるまで見事にその役を演じきったモアの最後の言葉は「国王のよきしもべとして、だが、まず第一に神のしもべとして死ぬ」だった。

ユートピア
トマス・モア/沢田昭夫訳(中公文庫)
『ユートピア』は、その後のユートピア文学の元祖になっただけではなく、未来の「どこにもない場所」を描くSFの原型ともなった。合理的な理想社会と徹底した管理社会は紙一重である。20世紀のディストピア(反ユートピア)小説は、その恐怖を描いている。