ソクラテス

自分が教えることは何もない、
自分にできるのは質問することだけだ。

Socrates[前470-前399]
アテネに生まれる。国家の認める神々を認めず、若者を惑わす者として裁判にかけられ、死刑判決を受ける。自ら服毒し70歳で世を去った。

 哲学(フィロソフィー)は、「フィロ(愛する)」「ソフィア(知)」から来ている。「知者」(ソフォス)を自称するソフィストたちに対して、ソクラテスはみずからを知者ではないが、「知を愛し、求める者」(フィロ・ソフォス)=哲学者と呼んだ。
 ソクラテスの哲学的探究は、「ソクラテスほどの知者はいない」というアポロンの神託から始まる。身に覚えがないソクラテスは、世間で知者だと思われている人達をつかまえては問答し、彼らが実は無知であるということを発見する。

この人間より、わたしは知恵がある。なぜなら、…この男は、知らないのに何か知っているように思っているが、わたしは、知らないから、そのとおりにまた、知らないと思っている。だから、つまり、このちょっとしたことで、わたしのほうが知恵があることになるらしい。(「ソクラテスの弁明」)

 ソクラテスはみずからの無知を自覚している。真の知者は神(アポロン)だけである。人間ができるのは、ただ知を愛し求める(=哲学する)ことだけだ。「無知の知」は、自分は知っているという思いこみから自他を解放することである。
 こうして、根拠を問い直すという哲学の基本的な姿勢を確立したソクラテスだが、世間からは、すべてを疑えと人々に教え、権力や権威ある人びとの無知をあばく危険実物と見なされた。しかし、権力者や権威者をことごとく論破するソクラテスは、若者に絶大な人気があった。
 ソクラテスは、相手に質問をしてそれに答えるという過程を通じて真理に到達する方法=対話法(ディアレクティケー)を生み出した。真理は対話の中にのみ宿ると考えたソクラテスは、ただの一行も書き残さなかった。彼の思想は42歳年下の弟子プラトンが書いた対話篇を通して知ることができる。

ソクラテスの弁明ほか
プラトン/田中美知太郎・藤澤令夫訳(中央公論新社)
若いプラトンが師匠を偲んで執筆。死を賭して高座に立つソクラテス独演会!